学生起業だからこそ考えるべきお金の話

岡崎耕平/立教大学

岡崎さん

算段がついてからのスタートでも遅くない



それで実際に個人事業主を経て、起業されたわけですね。
とはいえ、不安や葛藤は感じていませんでしたか?

それでもお金回りは不安でしたよ。
受託は納期・金額に左右されてしまうので、安定的な収入とは言えないですし、大丈夫かなぁなんては思ってました。きっとお金回りは経営している限りずっとついてまわる考え事なんだろうなと思います。

今も考え事の多くを占めるのは、受託を止めれるのか?ということですね。 受託の会社はたくさんあるので、そこに自分の会社が埋もれるのが怖いと思いますね。とはいえ、みんな技術が好きだから受託も苦ではないですし、技術アップに繋がるのでいいんですが、それだけやってても...という感じです。

現業だと、必要な人件費を差し引いても利益がしっかり残る体制ではあるんですが、事業売上の比率を上げていくフェーズだと思っています。なのでそこで新しいことに会社としてチャレンジしていくことがまず1つ。

自分のお金を使って検証していけると思ったらアクセルを踏むって段階を踏む必要があると思いますね。


愚問かもしれないですが、なぜ最終的には自社のサービスに転換していきたいと思っているのですか?

正直、受託のほうが会社のキャッシュフローは安定するし、儲かるとは思っています。今と同じスキームで、仕事を増やして、人を増やせば、より大きなキャッシュが入るサイクルが回るからです。

ただ、受託を回しながら思うのは、メンバーがメンバーを見ていないというか、全員で同じ目標に向かっていない感覚が強いんですね。
このままだと会社としてつまらない方向性になってしまうなって。

それはきっと以前働いていたインターン先での経験とのギャップからきているんだと思います。
以前働いていたインターン先では、チームで何かを改善して、目標達成して喜ぶという風土がありました。受託ではそれがないじゃないですか。効果改善のために何かをやることはなく、クライアントが欲しがるサービスを作ったら仕事が終わってしまうので。

自分自身やっぱりメンバーとワイワイ楽しく仕事したいので、全員が同じ方向を向いているのかっていう点で言うと、受託より自社サービスのほうが絶対に同じ目標を追っている。 そして1つのサービスを良くするためにみんなで考え抜くそのプロセスが大事だと思っているので。

多分ガキの頃から人が好きで、人ベースで物事を考えてるので、人間関係はすごく大事にしてるんですよね。 人と密接に繋がっていたいっていう想いからそういう発想になっているんだと思います。


なるほど。岡崎さんは、インターン・シリコンバレー・個人事業主と経て自分の身の振り方や実力を着々とつけて、スタートされています。
同じように学生で起業される方も増えてきました。中には「無謀すぎる」ような挑戦も見て取れるのじゃないでしょうか。 もちろん、起業すること自体は、挑戦が増えるという意味でいいことなのかなと思うのですが、そういった方の成功確率を上げるために岡崎さんからアドバイスを頂けますか?

在学中には起業する方は僕も含め、みんな無謀だとは思います。笑
ただ焦らなくて良いんじゃないかなとは思いますね。
「早くやればよかった」と、よく起業家の方のインタビュー記事にも書いてあると思うんですが、早くやったらやっただけいいわけでもないし、20代前半なら十分早いし、遅く始めたからといって成功しないかといったらそうではないし。

それに関連するのですが、この前、サイバーエージェントの藤田さんのブログを読んだんです。 藤田さんがご自身の著書『起業家』の中で、「いかに自分が無謀だったか」をつらつらと描いてあるシーンがあるんですね。

僕が読んだその記事は、「俺の『起業家』を読んで、僕も無謀ながら起業しましたって言ってくるやつ」について書いてあるんですが、藤田さんが言いたいのはそういうことじゃないと。
「俺は売上、自分のお金、メンバーの給料・経費をまかなえる算段があったからやっただけで、そんな算段もないやつがやるんじゃない」 と言っていて、僕も冷静に考えてそうだと思うんですよ。笑

特に今の時代のITサービスってマネタイズポイントが後ろ倒しになって、あまりお金に興味ない?というかあまり思考を巡らせていないと思うことがあるんですが、何かを作るにはお金が必要ですし、1円から起業できると言っても、続けるのには何かしらお金はかかってきますよね。それを賄える算段がない状況で起業するのはキツいと思いますよ。

僕も「もう起業する」と決めたタイミングから1年後にこうして起業しているんですが、なんだかんだその1年間が本当に良かったなと思います。それはしっかり地盤を築けたからですし、起業することを想定しながら過ごせたからです。

それに、マジで起業する人はどんな過程を経ても起業すると思うので、まずは1回現実を見て冷静になることも時には大切だと思いますね。

夢を見ながら、リアルを見るというのは大切ですね。 本日は貴重なお話を頂きありがとうございました!


して、LIKEの最新記事をチェックしよう!

今、あなたにオススメの記事

アクセスランキング

話題のキーワード

すべてのタグを見る