積み重ねて生まれる自信

麻生輝明/一橋大学

2016/05/26 24444 VIEWS
麻生さん

事業継続の条件として定めたもの



なるほど。昔から起業という存在は身近にあったんですか?

ありましたね。
中学校の時にコミュニティサイトを運営していて、その頃にインターネット起業が起こり始めていたので、自分が今やっているコミュニティサイトの運営が仕事にもなるんだなと思っていたのでなんとなく憧れはありました。  

それもあって、起業や経営を勉強したいと思ったので、一橋大学の商学部に入ったんですよね。ただ、実際に起業をいつするかっていうのはその頃は全く考えていなかったので、行動に移すかどうかの全てはきっかけ次第だなと思いましたね。 

なぜコミュニティサイトを運営していたのですか?

僕は、ゲームの攻略サイトなどからウェブを使い始めて、1ユーザーとしてコミュニティサイトに出入りしていたんですね。 その中で、運営している人も管理人と呼ばれる1個人だったので、自分が管理人となってサイトを作ることも、そこまで難しいことじゃなかったんです。  例えば掲示板とかでも、自分のHPを持っている人がたくさんいました。  

ある日、自分が使っていたサイトが閉鎖されてしまって、ユーザーさんの行き場がなくなってしまったので、自分が持っていたホームページにみんなを移動させて、そこでコミュニティ化したという背景です。3年くらいは運営していました。 

それではもともとウェブを通じて、サービスをやるということは遠い存在ではなかったんですね。

そうですね。
その頃、プログラミングの技術なんてものはほとんどなくて、今の技術に比べたら大したことなかったんですけど、ウェブサイトを運営するという行為はそこまで生活から遠いことではなかったですね。 

高校や大学に入ってからは同じようにウェブサービスのようなものは携わっていたんですか?

高校時代は全くそういったことはしていなくて、大学に入ってからはベンチャーでインターンして同じようにウェブに触ってました。
インターンは4社のIT企業で経験しましたね。
 

インターンを経た後に今のサービスを作られたという流れですね。
先ほど考えてから行動するタイプだとおっしゃっていましたが、事業を始めるにあたって、うまくいなかった時のことを考えたり、不安はなかったんですか?

あまりなかったですね。
というのも、作ってみるという行為から学べることのほうが大きいと思いましたし、損はないと思ってました。別に始めること自体に対して、そこまで心理的障壁はなかったです。  

ただ、事業を会社として、どこまでやり続けるのかに関しては、最初は卒業するまでとリミット付きで始めていました。 継続するかどうかは悩んでいましたね。

そのリミットが外れた理由はなんですか?

サイトを運営していく中で、数字がちょっとずつ伸びていったことや、実現しようとしていることが形になってきたんです。それが卒業2,3ヶ月前くらいですね。  

それでまたどうしようかを考えて、自分の中でいくつかルールを定めました。

1. 最高の仲間が集まる
2. お金が集まる
3. 1.2のどちらも集まる  


このどれかを満たした時に、続けていこうと決めたんです。
これは自分をあまり信頼していないというか、自分は無力な存在だと思っているので、このまま1人でやっても成功する確率は非常に低いと考えたからです。 なにかしらリソースが揃わないと、大きくならないだろうと思っていたので、ひとまずそのリソースが集まるかどうかは検証してみようと思ったんですよね。  

仲間を口説いたんですが、口説けずみんな卒業してしまいました。
なので残された選択肢はもうお金のほうのみ。  

チームがないとなかなか投資できないという会社が多かったんですが、友人がVCを始めるっていうタイミングで、そこから資金が入ったので、最終的には続けるという選択肢を取りました。  

その他にもいくつか考えましたよ。 自分が起業家として適性があるのかも考えましたし、今後の人生もぼやっとは考えたりとか。  

ルールを設けるって面白いですね。
会社として事業を続けていく中で、想像と違った部分や新しく見えてきたことはありますか?

よく言われる話なんですが、何をやるかも重要なんですけど、どうやるかっていうほうがもっと重要で、それが事業としての成功確率を上がっていくんだなと。 学生のうちから起業しようっていう人はその視点が抜け落ちると思うんですよね。やったことがないことだと思いますし、想像できることは何を作り上げるかっていうことですし。

でもそれはどういった手順を辿れば成し遂げられるのかという視点はかなり抜け落ちゃうんですよね。

例えば事業計画を書くというのは、よくあると思うんですが、あれも論理の飛躍があると思っています。数字伸びる計画を作った時に、なんで伸びるのか、どういった施策を打ったら伸びるのかは、あまり考えないんですよね。

どうやったら効率よく伸ばせるかを考えることの重要性は起業前には気づきにくいことだなあとは思います。


して、LIKEの最新記事をチェックしよう!

今、あなたにオススメの記事

アクセスランキング

話題のキーワード

すべてのタグを見る