夢を叶える魔法の言葉

ウォルト・ディズニー

2016/05/18 6615 VIEWS

ー出典元 Entertainment

ウォルト・ディズニー

Walt Disney

1901年12月5日-1966年12月15日

国籍:アメリカ

職業:アニメーター・プロデューサー・映画監督・脚本家・声優・実業家・エンターテイナー

ディズニー映画に始まり、ディズニーランドの建設。
数々の偉業を成し遂げたウォルト・ディズニーは夢を叶えるまでにたくさんの年月を費やしました。

今回もタイムスリップインタビューの締めくくりとして彼が残した名言をご紹介したいと思います。 

ここがポイント!
ウォルトさん

夢を叶えるために


夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。



笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。




夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約される。それは、「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」である。



夢見ることができれば、それは実現できる。



4つの「C」はもっとも印象的ですね。
まるで、彼の人生を集約させたようです。
何より夢を叶えるためにはまずは夢を見ることから始めなければならないというのは当たり前ですが、深い言葉です。


逆境を超える


人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。




過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来る。



逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。


彼の描いた夢が大きいあまりその実現には多くの壁が立ちはだかりました。 それを一つずつ超えてきた彼が発した言葉だからこそ重たくのしかかるものが感じられます。


想像力

私はじっとしている事が出来ない。探索し、実験していないとダメなのだ。私は自分の仕事に満足したことがない。私は自分の想像力の限界に憤る。




われわれの一番大きい資源は、子供の心である。




子どもっぽさ、それはユーモアのセンスを絶対に失わないことと同意語だと思う。



ディズニーといえば想像力という言葉に尽きるでしょう。
キャラクター、世界観は我々大人も引き込まれてしまいます。

その秘訣は、だれもが子供の頃に味わったあの未知のものを探求し続けているような子供心から生まれていたのですね。


終わりに

タイムスリップ第3弾はウォルト・ディズニーをお届けしてまいりました。

夢の国というのは夢の発生が連鎖し続けるから夢の国であり続けます。

私たちも、彼の夢を叶える力を是非とも我が物にして、自分たちの夢を叶える旅に出かけてみましょう。

きっと壁も多いはずです。途中でくじけることも多いはずですが、その時には彼の歩んできたストーリーを
思い返してみて力にみてはいかがでしょうか。 


して、LIKEの最新記事をチェックしよう!

今、あなたにオススメの記事

アクセスランキング

話題のキーワード

すべてのタグを見る