ナポレオン皇帝からのお言葉

ナポレオン・ボナパルト

2016/04/22 3948 VIEWS

ー出典元 MRCASEYHISTORY

ナポレオン・ボナパルト

Napoléon Bonaparte

1769年8月15日-1821年5月5日

国籍:フランス(旧イタリア領:コルシカ半島)

職業:ナポレオン皇帝からのお言葉

貧乏家庭に生まれ、成り上がりで、数々の偉業を成し遂げ、英雄として讃えられるナポレオン。
彼の偉業の数々や生い立ちを知りたい方はこちらをご覧ください。

革命家のリーダーシップ #1
革命家のリーダーシップ #2

今回は「皇帝からのお言葉」と称し、彼が残した名言を取り上げたいと思います。
名言にはそのヒトの考え、価値観が集約されています。
ヒーローはどんな名言で我々に何を伝えようとしているのでしょうか。

早速、紹介していきたいと思います。 

ここがポイント!
ナポレオンさん

1.リーダー論

① 一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。

② 愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る。

③ 悪い連隊はない。悪い大佐がいるだけだ。ただちに大佐のクビを切れ。

④ あなた自身が信じていないことは、口で言っても、書いても、また、どのような行動をしてみても、他人を動かすことはできない。

⑤ 勇気は愛のようなものである。育てるには、希望が必要だ。

⑥ リーダーとは「希望を配る人」のことだ。


#1.#2で紹介したように、彼は民衆の心を動かすのがうまいリーダーでした。
名言に現れているように、希望を配っていたからであり、未来を見て、信じていたからであることが分かりますね。
リーダーとしてビジョンを描く力の重要性は改めて感じさせられます。

2.戦略・戦術

⑦ 兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのだ。

⑧ 偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振る舞おうとするからだ。

⑨ 指揮の統一は戦争において最も重要なものである。二つの軍隊は決して同じ舞台の上におかれてはならない。

⑩ 戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。

⑪ 勝利は、わが迅速果敢な行動にあり。

⑫ 戦いは最後の五分間にある。


彼は百戦錬磨の戦人でした。
地上戦ではほとんど負けなしを誇った理由は彼が大の戦略家だったことが挙げられます。
「孫子の兵法」を愛読しているだけあって、戦いのポイントを抑えて、戦略的に戦っていたからこその強さだったのでしょう。

3.成功哲学

⑬ あなたの能力に限界を加えるものは、他ならぬあなた自身の思い込みなのです。

⑭予の辞書に不可能ということばはない。私には、やってできないことはひとつもない。もし、自分自身の辞書があったとしたら、その中に不可能などということばは入っていないはずだ。

⑮不可能は、小心者の幻影であり、権力者の無能の証であり、卑怯者の避難所である。

⑯君にそんなことができるはずはないよとあなたに言ったのは誰ですか?その人は、あなたの限界を定める資格を持つほど、大きな成功を収めたというのでしょうか?

⑰何かを成し遂げるために面倒なことなど何もない。

⑱幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。



貧乏家庭生まれからここまで飛躍した一番の理由がこれらの言葉に凝縮されていると感じます。
「不可能」という言葉は絶対に使わず、自分自身を信じ続ける姿勢は何を成し遂げるにも絶対的に必要なことと言えます。

終わりに

インタビューから数え、3記事に渡って皇帝ナポレオンについて紹介してきました。

彼は決して名前だけの「皇帝」ではなく、名実伴う真のリーダーだったと言えます。
彼が創った基盤によって今のフランスという国が成り立っていると考えると趣がありますね。

フランスに足を運んで自分の目で色々見てみたくもなりました。

さて、次回のタイムスリップインタビューは皆さん大好き、夢の国を創った「ウォルト・ディズニー」にお話を聞きに行ってみたいと思います!

是非お楽しみに。 


して、LIKEの最新記事をチェックしよう!

今、あなたにオススメの記事

アクセスランキング

話題のキーワード

すべてのタグを見る