私も15歳から社長になれた。

有川野乃子

2016/05/25 39193 VIEWS

今や大学生起業家のみならず、高校生起業家も多く現れる時代になりました。

そんな時代の中で、中学生の時に起業をした株式会社SooVIVIDの有川さん。

彼女はなぜ中学生で起業をしたのか、学業との両立は問題ないのか、これから何を目指していくのか、
様々な気になる点をインタビューしてきました。 

有川野乃子

Nonoko Arikawa

株式会社SooVIVID(すーびびっど)代表取締役社長。
中学3年生のときにデザイン思考に出会い、デザイン思考を活用したプロジェクトの実現のため、中学3年生の2月に株式会社SooVIVID(すーびびっど)を設立。
アイドルと猫とトマトが好きで、「好きなものにとことんこだわる」がモットー。
会社設立日は猫の日(2/22)にし、現在は「Next推し事Show!!」というアイドルのラジオ制作を中心に行っている。

有川さん

デザイン思考に惹かれ、15歳で起業

起業したきっかけを教えていただけますか?

きっかけはMono-Coto Innovationという中学生が本気でモノ・コトづくりに取り組むイベントでデザイン思考という考え方に出会ったことです。
それと同時に、「社長になりたい」といった漠然とした思いこそあったものの、起業など遠い未来の話にしか思っていなかったのですが、15歳で株式会社を設立できることを知りました。

大学行って、就職して、そのあとにやればいいかなと思っていた起業に対して、「そこまで待つ必要がない」という考えになったことが大きな理由です。 Mono coto Innovationというイベントに参加していなかったら今の私はないと思います。



Mono coto Innovationというイベントに参加した理由は何ですか?

私の学校が起業体験をするカリキュラムがある学校でして、そこカリキュラムの中で、 CURIO SCHOOLさんという企業さんがデザイン思考の授業をしてくださったんです。 すごい楽しく授業してくださって、後日、イベントやるよ!というお声がけを頂きました。 CURIO SCHOOLの方々とまた会いたかったですし、いろいろな参加者の方と、またデザイン思考を学びたかったので、参加したという背景です。

正直、最初は軽い気持ちで始めたのですが、そのイベントがビジネスコンテストのように、スポンサー企業様から出されたお題に対して、サービス・プロダクトをデザインするといった形式だったんですね。 私は、その中で富士通デザインさんの「スマホの再定義」というテーマに参加しました。 全く新しいスマホを作るというものです。 自分と同じ学校の子から全く違った学校の子までの4人でメンバーを構成して、半年かけて話し合い発表したんです。

途中経過発表会のようなところで私が初めてプレゼンテーションしたのですが、すごい褒めていただいて。 NHKのおはよう日本から取材も受けて、そこで少し自信がついたんですよ。
「私でもできるかも!」って。

中学受験をするくらいなので、自分では頭は悪い方ではないと思っていて、小さい頃からピアノや習字も習っていたので「できるキャラ」だと思っていたのですが、中学に入ってみると、すごい人ばかりで、私そんなすごくなかったんだなと打ちのめされたことがあります。
悔しい気持ちがありつつも、しょうがないかなと思っていた矢先、そのプレゼンテーションで褒めていただいたので、ちょっと自信が出てきたんです。

そこで、もっとこの自分のことを信じて、自分の能力が活かせることをやってみてもいいんじゃないかと思って、株式会社を設立したんですね。

結果自体は、富士通デザインさんの中では2位で、総合4位だったんですが、総合の優勝を目指していたので、悔しくてすごい泣いてました。笑

でも、富士通デザインさんとはイベントが終わってからも繋がりが生まれて、新商品のプロモーションビデオに出演させていただいたんですよ! ただの人脈じゃなくて、意味のある人脈ができましたね。



そのイベントをきっかけにトライしてみようという自信がついたんですね。 デザイン思考という考え方は今流行りだと思うのですが、どのようなところに惚れ込んだんですか?

私、絵を描くとかアート的なところがあまり得意ではないんですよね。 デザインってそういうものだと思っていたんですが、でもよく考えてみると、デザインとは?という定義がわからなかったんですよね。

でも、デザイン思考だと、「デザインする」ということの定義が明確だったんです。 どちらかというとサービス的な部分が大きくて、人がこういう問題点を感じていて、その根深い原因はこうで、その根深い原因を潰すために順を追って考えていくと、思いがけない解決策が生まれるといった考え方。
そこに惹かれたんだと思いますが、ただCURIO SCHOOLの講師の方々の教え方がうまかったことが一番大きな理由だとは思います。多分、他の方に教わっていたら何の興味も湧かなかったんじゃないかなと思いますね。笑



して、LIKEの最新記事をチェックしよう!

今、あなたにオススメの記事

アクセスランキング

話題のキーワード

すべてのタグを見る