自身の教訓を未来のエンジニアへ

市來晟弥/神奈川大学

2016/02/20 49833 VIEWS

株式会社Far Connectionの代表取締役の市來さん。
業界でも有名なエンジニアである市來さんのプログラミングを始めたきっかけや
株式会社Far Connectionを立ち上げるまでの道のりなど盛りだくさんにインタビューしてきました !

市來晟弥/神奈川大学

Seiya Ichiki

株式会社Far Connection 代表取締役

1995年生まれ、福岡県福岡市出身。
かの西郷隆盛の子孫で、中学2年時からプログラミングはしていたが大学に入ってから暇すぎて全ての授業中にプログラミングしてたら覚醒。
「 中高生の主体性を伸ばして、優れたエンジニアを1人でも多く輩出したい」という思いのもと中高生を中心に約100名のメンバーでエンジニア・デザイナーコミュニティの『TECH LOGICS』を発足。
TECH LOGICS発足から半年後、株式会社Far Connectionを設立し現在CEO/CTOを務めている。
株式会社ZEALSにて社外CTOも兼任。

市來さん

きっかけはオンラインゲームでの仲間集め



プログラミングはいつから始めたんですか?

中学2年生です。 その頃はプログラミングというより、ホームページ制作で、HTML/CSSでフロントのことをやりつつ、高校入ってからJavaScript/jQueryをやりました。


中学2年生!早いですね。きっかけは何になるんですか?

きっかけとしては『メタルギア』っていうゲームです。笑

中学生の時にPSPの 『メタル ギア ソリッド ポータブル オプス +』 にはまっていました。

それで、オンライン対戦で、色々な人と巡り合って、「一緒にチーム作らない?」という話になったんですよ。

ただ「メンバー集めどうする?」となって、そこで僕が「ホームページ作るよ!」って言い出したのがきっかけです。

初めてのホームページ制作がゲームの仲間集めのためのホームページでした。

今の僕があるのは、『メタルギア』を作っていただいた、『小島プロダクション』のおかげと言っても過言ではないです。 今はもう解散しちゃったんですけど。笑


その頃はまだ中学生ですよね?ずっとゲームをしていたんですか?

その頃は寝ないでメタルギアやって、 そのままサッカーの試合に行くといった生活でした。

サッカーをしながらメタルギアして、ホームページ作って学校行って。

あまり寝てなかったので、そこで成長が止まりましたね。笑
才能と引き換えといったらまだ安いほうです。
あとはピアノもやっていました。

お姉ちゃんもやっていたので、週1に趣味程度で一緒に通っていました。 


バンドもやってらっしゃったみたいですね。

ピアノの延長線上で、高校からやってました。
今、その当時一緒に組んでいた人たちはハリウッドとかにいるんですけど。笑

僕、学内では割とピアノ弾けることで有名だったんですよ。
僕とそいつが揃えばプロになれるかなって思ってました。
ただ、バンドするにもスタジオ代とか楽器代とかお金が必要だったんですよ。

親が結構お金にも厳しかったのもありますし、僕自身、バイトもしていなかったのでそこまでお金が割けなくて。

なので、バンドはフェードアウトしていかざるをえなくなりました。
ただ、ピアノの弾き語りもできたので、自宅でも練習できるような体制にして。弾き語りはいろんなところでやってましたね。

福岡で大きいところだと「Zepp Fukuoka」や「サンパレス福岡」とかですね。


ピアノでプロを目指していた時期もあったと。
中学時代はサッカーでもかなり活躍されていたみたいですね。

そうですね。
まあ活躍というほどでもないですけど、東福岡の中等部でずっと10番背負ってました。

ただ朝練サボって8番に降格したんですよ。3回サボって。笑


笑。
サッカー辞めたのはなんでなんですか?

サッカー辞めたのは単純に遊びたかったからです。
東福岡は強豪校で練習もかなり厳しくて、いいやってなりました。
そもそも勉強したくなったのもあります。


勉強したくなった?

高校2年生になってそろそろ受験のことを考えなきゃって思ったんです。
高校1年生までは遊んでいたんですけど。
中高一貫だったんで、中1から高1までですね。

ただ中高一貫なのでずっと仲良く遊んでいたメンバーが揃うじゃないですか。 それを客観的に見た時に俺やばいなってなって。

そういう経緯で受験勉強したいからってサッカーは高2の時に辞めました。


なんでそこで客観的に自分を見て「やばい」って思ったんですか?

当時はそもそも大学には行けない学力だったんですが、でも行きたいって思ってはいたんです。

「勉強できた方がカッコよくない?」という別の要素ができてきたりもしましたが。笑

あとは高校の先生の影響です。
今は亡くなってしまったのですが、その先生がすごい面倒見てくれていたんですね。

僕、授業中とか気に食わないことがあると帰るタイプだったんですよ。
まあ結局帰って、予備校で勉強するんですけど。笑

学校の授業がつまらなくて、脱走していた、どうしようもない僕を熱心にサポートしてくれて、結果残そうかなって思って。
恩返しじゃないですけど、男気スイッチがそこで入ったんです。 


して、LIKEの最新記事をチェックしよう!

今、あなたにオススメの記事

アクセスランキング

話題のキーワード

すべてのタグを見る